かかとが潤うと心もうるおう

季節もすっかり変わり、女子の装いも艶やかで軽やかになりつつあります。そろそろ足元の露出も気になる季節になりますが、今すぐサンダルがはける準備は万端ですか?

かかとケアというと、どうしても足を露出する時期だけ気にかけるという方がほとんどですが、できれば、朝晩毎日歯を磨く様に一日一回、お手入れスケジュールに組み込んでいただきたいものです。

案外見られていない様で、多くの方の視界に入っているのが「かかと」の存在。

かかともお顔と同じ様に、一枚の皮膚で繋がっているのでお肌の周期自体は28日間。しかし28日間でサイクルが回っていれば、かかとが荒れる心配はないのですが、多くのかたは40日間、もしくはそれ以上に・・・・。

即時的にかかとをきれいにする方法というのは様々ありますが、根本ケアを目的としたお肌のメカニズムの事を考えるケアとなると、やはり「保湿」という手段をオススメします。

足の裏って分厚いし、重い体重で常日頃支えているのだから、なんだか鈍そうで、あまり敏感な様子は感じられない様に思いますが、少し思い出していただくと、ほんの小さな石ころが靴に入るだけでも、飛び上がるくらい痛く感じますし、靴の修理をする所で、ほんの一枚底板をはってもらったり、かかとのゴムをかえるだけで、格段に変わった印象をかんじたりなどをした事があるのではないかと思います。

実は数ミリの違いや感触をも察知できるほど、足の裏というのは実に敏感な部位なのです。
なので、急にけずりすぎたり、必要以上にむきすぎてしまったりなどのケアをした場合には、お肌を守らなきゃと急に固くなったりもしてしまいます。これが足裏のメカニズムです。

人が日頃自分の肌に触れるという感覚はとても重要です。
案外無意識でいることが多いので、その様に感じる機会も少ないのですが、皮膚が、どこか、ぼこぼこしていたり、がさがさしていたりなどとするととても気になりますよね。きになるのですぐそこに手がいってしまうなんてことありませんか?

同じく「かかと」がガサガサしていた場合、触れるたびに「なんだかダメな自分に烙印を押されてしまっている」様な感覚にも陥ります。多くの方が放置してる部位でもあるので、そんな事は感じないとうい方も多いかもしれませんが、この多くの方があまりつるつるとしていないかかとが「つるつるでやわらかな感触」であった場合はどうでしょうか。
触るたびに感触が気持ちがよく、なんとなく誇らしげな気持ちになりませんか?
まわりからみても、「きちんと自分のケアを出来ている人=心や生活にゆとりがある人」にうつったりもします。
かかととは、この様に知らぬ間にジャッジされている恐ろしい部位でもあるのです。

しかしながら、他人の目線以上に、与える影響が大きいのは、自分への感情やこころへの影響です。

誰もが人前で出しにくい足元が、いつでもすぐに出せる様な綺麗な状態にまで整うと、セルフエスティーム力も格段にアップします。セルフエスティーム力とは、自尊感情のことをいい自分を愛する気持ちを指しますが、外面的な美しさを装う以上に女性にとって大事な感情だといわれています。

自尊感情を高める方法があがるメソッドとして「ミラー」をつかったセルフセラピーがありますが、これは自分自身と真っ向から向き合い、自分を受容する言葉をなげかけます。これは非常に効果的な手法で、みるみる結果をだすセルフセラピーといわれていますが、日常的な美容でできる、セルフエスティームケアは、「かかとケア」も同じ効果があると思っています。つまりかかとケア=セルフエスティームビューティにつながる行為となるわけです。

毎日足に触れるものを上質なものに変えたり(シーツやマット、ストッキングや、タオル、履物など)、こまめに保湿ケアをしたりとで、自分の足元にしっかりとふれてあげること、上質な扱いをしてあげることで、常況は刻々とかわってきます。

「こんなことでセルフエスティームが本当にアップするの?」と思われるかもしれませんが、案外シンプルな方法で、あなたの内側を変えるきっかけになるものです。
かかと以外には、指先・ハンドケアも、女性を内側から綺麗にするもうひとつの手法にあります。そして究極の砦は唇のケアです。(このお話はまた別の機会に)

「自分に触れること」という行為は、案外放置できない大切な事柄です。「自分自身を大切に想い大好きになること」とういのは、綺麗になるこための大事な入り口です。そしてその鍵をあけるスイッチは、自分の内側にこそあります。

さらにそのスイッチをいれるための導火線となるのがやはり「かかとケア」です。

最近、がさがさが気になりじはじめたという方は、今がかかとケアのはじめどきかもしれません。
ぜひ、綺麗になったからすぐにやめるのではなく、毎日歯を磨く様に1日1分でもお手入れを続けてみてください。
きっと、実感いただける日がくるはずです。

最後に、宣伝になっちゃいますが、そんな日頃のお手入れの相棒にはぜひクラックドヒールをお使いください。
まだ試したことがないという方はぜひお試しくださいね。

beautelligence style はこちら

クラックドヒールと、足のセルフケア専門ショップ。