腸活の前に胃活が大事。

最近話題の腸活。腸は第二の脳とも言われ、人の免疫機能を司る大切な器官なのですが、実は腸のことを深く知る前にしってほしいことが。
皆さんは自分が食べた後の「消化」について意識したことがありますか?何を食べるかはよく考えると思うのですが、食べた後のことを考えるという時間は案外少ないのでは。

人体に栄養が届くまでのプロセスは「消化・分解・吸収」という流れを経て、しかもその最初の「消化」という部分で、きちんと役割が果たせていないと、いくら腸が栄養を吸収する大事な器官といえど、必要な栄養素がしっかりと届かないという悲しい現実が待ち受けています。

消化管とは口からはじまり、肛門までの一つの管ですが、その消化管は体の内側にありながら、実は外にあるのと同じ構造になっています。それはどういうことかというと、消化管の内側は、粘膜のひだでできて折、ある一定のサイズにならないとこの粘膜を通過できないという仕組みになっています。このある一定のサイズというのが、胃や小腸で行う「消化・分解」というプロセスにあたるものなのですが、このプロセスをきちんとふんでないと、この管を通過できる理想的なサイズにはならないのです。

しかしながら、日本人の約7割は胃酸がうまくでていないという現状があり、消化活動が上手にできていません。もしきちんと消化されていないプロセスをそのまま進んだらどうなるのか?を想像していただくのに一番近しいのは、ゴミ箱の中、しかも生ゴミのゴミ箱の状態です。腐敗や異臭など想像するだけでも嫌ですね。きちんと消化できていないという状況はそれと似たような事が体の内側でおこっているというのです。

それでは一体どうすれば上手に消化ができるのか?
まず、食事とは食べる前の準備の段階から始まっているということを知ること。胃酸というのは五感を通じたイマジネーションからも創出できるものでもあり「音を聞く・匂いを嗅ぐ・イメージを描く」だけでも胃酸が活発に活動しはじめます。

そして、案外多くの方が何も知らずにやってしまっていること、普段私たちの何気ない行動の中で、消化のプロセスを邪魔している行為があります。それは何かというと、食事と一緒にお水を飲んだり、お茶を飲んだりしていると思うのですが、実はその様な行為にも問題が。「それがどうして?」とおもった方が多いと思いますが、実は胃酸を出している段階では、胃の中は常に酸性に傾いている状態にありますが、もし食事の途中で、お茶やお水を飲んだ場合には、本来胃酸を通じて酸性状態を作り出し、活発に消化活動をしている胃に対し、まるでその仕事を横から邪魔をしているかの様に胃の中をアルカリによせる状況を起こしてしまいます。無味のお水でさえPHが7もあります。

口の中が乾き食事中どうしても飲み物が必要だという方は、レモン水を飲むのがおすすめです。なぜならレモン水は胃酸を出す働きの胃への応援行為になるからです。中にはレモンはすっばくて苦手という方もいるかと思うので、その場合には、食べ物自体に消化をサポートする効果を持つ食品を積極的に取ったり(香草類)、酢の物、例えばもずくや、大根おろし等といった食材と一緒に食事をとったりなどのプラスのアクションをすることが効果的です。

食後のコーヒーは胃の消化活動が終わった頃に飲むのは問題ないので、できればタイミングを意識して飲むという事を知っていただくことが大切になります。

晴れて胃での消化活動が終了したら、次は小腸に運ばれ「分解」のフェイズに入っていきます。ここまできてようやく「腸活」の話しが始まります。

腸がよりよい栄養を吸収するには、今の自分の胃の状態がどうであるか、胃酸がちゃんとでているか等のチェックを定期的にする必要があります。

またご自身の胃酸がしっかりでているかのチェックは重曹を使用することで簡単に行えるので是非トライされてみてください。

〜やり方は以下です〜
食事をする5分程前までに50CCほどのお水にティースプン1杯分の重曹(食用)を溶かし、それを一気に飲み干します。その後、どのくらいの時間で「ゲップ」がでてくるかを測り、その時間によりどのくらい胃酸がでているのかを調べます。

ゲッブが発生するまでの時間が

  • 3分以内なら、胃酸分泌は理想的な状況
  • 5〜10分以内なら、まずまずの胃酸分泌の状況
  • 20分以上の方は胃酸分泌が間に合っていないという状況を知る必要が。

私も初めてこのチェックを行った際は、40分以上経っても胃酸がでてきませんでしたが、食事の度にゆっくりと噛むことを試みた事で、すぐにその数値を早められるようになりました。

これ以外にも消化器官はストレスや自律神経の影響も多く受ける部位なので、日常生活で自分にあったリラックス法をみつけたり、呼吸法なども身につけておくことで消化活動の助けにもなります。

またその他のアクションで消化を助ける大事な役目を担うのが「咀嚼」です。
胃での消化の働きを応援するためにも、お口の中で細かく砕き、常に消化し易い環境を作ってあげる必要があります。

消化器官は他と比べて短期間で変化がみられる部位のため、セルフケアのしがいがあります。そして人のエネルギーは、消化でかなり消費しているとも言われているので、消化にエネルギーが過分に使われなくなれば、より体の内側からの「活力」も湧いてくるというわけです。

「腸活の前に胃活」
胃での消化活動がしっかりとできていれば、腸にもさらによい栄養が届くので、内側から元気がみなぎる体を保てることができ、また同時にお肌のキメや潤いも整いつやつやに。(高価な美容液を購入する前に習慣にしたいですね)

そして、胃酸や消活(消化活動)の勉強をもっとしてみたいという方は、現在以下の様な活動をしておりますので、セルフチェックカフェやセルフケア講座に、是非遊びにきてください!https://selfcarelab.jp 

消活はお伝えしたい内容が沢山ありますので、別の機会で取上げたいと思います。

 

beautelligence style はこちら

クラックドヒールと、足のセルフケア専門ショップ。